Menu

こだわり・想い

Home
  • おおきベリーについて

こだわり・想い

大木町は昔から苺を生産している農家が多くあり、ふるさと納税の品目にもなっている美味しい苺の産地です。

あまおう画像1 あまおう画像2

当農園も、自分の子供のように手塩をかけて育てた本当に美味しい苺だけを届けたいという想いから、
大きさ、熟れ具合、形など、果実も選別。
苺のプロとして、毎年美味しい苺を皆さまの元にお届けいたします。

微生物や光合成細菌の活用

土壌内の微生物を投与することで、健康で病害虫に強い苗が育つような土壌作りを実践しています。

天敵投与による害虫駆除

害虫の天敵にあたる虫(農薬登録された虫)を投与することで、農薬を使わずに害虫を駆除します。この農薬登録された虫はイチゴには害を及ぼしません。

高濃度炭酸ガス殺虫システムの採用

定植前の苗を「高濃度炭酸ガス処理」することで、農薬を使わずにハダニ(害虫)を完全に殺虫しています。

ハウスの環境制御

カーテンの開閉、加温機、灌水など、設備化(自動化)することで、イチゴの生育に最適な環境を維持しながら、省力化を実現します。

弊社では、これらの技術を組み合わせを「自然環境農法」と定義しています。
そして、安心安全なイチゴを市場に供給していきます。

代表挨拶

弊社(おおきベリー株式会社)はいちごの生産・販売を目的として、2017年12月に創業しました。

日本の農産物は、後継者不足または人材不足により、年々減少の一途をたどっており、今なお歯止めがかからない状況です。
こうした環境の中、弊社はいちごの生産・販売を通じて、「雇用創出」、「人材育成」さらには「地域社会への貢献」を理念に掲げ、日々の活動に励んでいます。

農業というと一般的には「田舎でのんびり・・・」というイメージを持たれている方が多いかもしれませんが、実際の農業はそうではありません。日々の栽培管理、出荷作業など、体に負担のかかる作業も多くあります。しかし、その多くは改善できる作業であることも事実です。
今後の農業を支えていくには、その改善を「いかにして実践するか」が大きなポイントであると私は思っています。

おおきベリー株式会社 代表 上原 基揮

農業での新しい技術を取り入れていくことはもちろんですが、特に弊社では、製造業で培われてきたIE(生産工学)を駆使するなどして、一人当たりの生産性を向上させることを実践していきます。そうすることが作業負荷の軽減、さらには農業経営の改善へとつながります。

いちごは、植物であり生きているものでもあるため、栽培管理には、人の目と手が必要であることもさることながら、植物を育てる「心」も必要になってきます。
こうしたことを踏まえながら、農業に携わる企業として、人と植物を支える「心」を大事に仕事をしながら、農業または地域社会に貢献する、というその次の「志」につなげていけるよう精進し、邁進しつづけます。